新しい通信機器を利用し電話会議を導入

最近のネット通信状況の進化や機器の変化により、時間短縮のため会議や、なんらかの打ち合わせをパソコンや専用機械を利用した電話会議に切り替わっている会社が増えてきています。

メリットとしては、一度会議のための道具を用意すれば、全国どこでも移動することなくはじめられ、参加者が地方だという場合などには大幅な旅費削減と、移動時間の短縮につながります。

大勢で行うのにスピーカーを利用すれば、各営業所の人がその営業所内の会議室に集合すれば、それで事足りますし、もう少し少ない人数であれば、それぞれが携帯電話を通しての会議への参加も可能です。

電話会議と知っても、いくつかの方法と種類がありそれぞれにメリット・デメリットが存在しています。

ハンズフリータイプの機械であれば、長時間の大人数であっても会議を続けやすい反面、どうしてもある一定の場所に会議参加者たちが集まる必要があります。

別の方法としては、携帯やビジネスフォン、などのようにそれぞれが自分で持つ機械で参加するという方法があります。

こちらは、移動中でも仮に海外にいても参加ができるというのが大きなメリットですが、長時間の通話になると手持ちの電話の電池が気になってしまうところと、長時間に打ち合わせには少々疲れやすいといった特徴がありますので、必要に応じて選びましょう。